ニュース

中国銀行のフィンテック計画の中にRippleが入る

北京市に本店を置く中華人民共和国第3の商業銀行であり、世界第5位にランクされる中国銀行はフィンテック計画を発表した。

同銀行は、今後リップルの技術を国際決済に取り入れると明かした。

大手金融企業のリップル技術導入は着々と広まっている。リップル社の技術を使うことで「低い手数料で、即座に送金し、リアルタイムで双方が確認」することが出来る。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 株式会社カイカ、自社発行コインで支払い

  2. 取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

  3. DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料

  4. 公文書館でブロックチェーンプロジェクト[イギリス]

  5. ゴールドマン・サックス「ビットコインは”バブル”だ」

  6. イタリア政府、ビットコインの投機的売買に課税する方針

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]