ニュース

中国銀行のフィンテック計画の中にRippleが入る

北京市に本店を置く中華人民共和国第3の商業銀行であり、世界第5位にランクされる中国銀行はフィンテック計画を発表した。

同銀行は、今後リップルの技術を国際決済に取り入れると明かした。

大手金融企業のリップル技術導入は着々と広まっている。リップル社の技術を使うことで「低い手数料で、即座に送金し、リアルタイムで双方が確認」することが出来る。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. GMOマイニング開始

  2. テキサス州、ハリケーン直撃でビットコイン寄付

  3. ウクライナ、暗号通貨合法化

  4. 英国首相、仮想通貨を薬物ブローカーの資金洗浄に使われ規制強化へ

  5. 登録済み取引所への行政処分

  6. bitFlyer、新たなサービス

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?