ニュース

中国銀行のフィンテック計画の中にRippleが入る

北京市に本店を置く中華人民共和国第3の商業銀行であり、世界第5位にランクされる中国銀行はフィンテック計画を発表した。

同銀行は、今後リップルの技術を国際決済に取り入れると明かした。

大手金融企業のリップル技術導入は着々と広まっている。リップル社の技術を使うことで「低い手数料で、即座に送金し、リアルタイムで双方が確認」することが出来る。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ハッカーによる盗難を隠蔽

  2. 他人のPCで違法マイニング

  3. ブログ、簡単にNEM決済導入

  4. コインチェック、このあと20時に会見へ

  5. SBIがJCBなどと提携

  6. BTCライトニング・ネットワーク、β版がリリースへ

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ