ニュース

金融庁が「みなし仮想通貨交換業者」を公開

金融庁が仮想通貨の取引所の認可申請処理中ということで業務を認める「みなし仮想通貨交換業者」を公開しました。

  • コインチェック
  • Payward Japan
  • バイクリメンツ
  • みんなのビットコイン
  • CAMPFIRE
  • 東京ゲートウェイ
  • LastRoots
  • deBit
  • エターナルリンク
  • FSHO
  • 来夢
  • ビットステーション
  • ブルードリームジャパン
  • ミスターエクスチェンジ
  • BMEX
  • bitExpress

中には、上場企業の子会社にあたる企業や、金融業を本業とする企業、早くからゲートウェイを運営していた会社などが名を連ねた。また家入氏が代表のクラウドファンディングサービスを展開するCAMPFIRE社もみなし許可を得ているようだ。

驚きなのは悪名高き「エターナルリンク」だ。金融庁は登録さえすればこんな会社にも「みなし許可」を出すのかと思うと呆れる。投資家を保護したいのか、食い物にしたいのか意図がわからない。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 欧州議会議員、仮想通貨をMiFID2の適用対象へ

  2. アメリカは暗号通貨時代を推し進めるのか

  3. アメリカでも仮想通貨の優遇法進む

  4. ロシア大手銀行、スイスで暗号資産取引試験を実施

  5. 暗号通貨は世界金融の安定の脅威ではない

  6. LINEが仮想通貨決済を検討

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]