ニュース

仮想通貨の格付けに変化

WeissRatingsが出している仮想通貨の格付けに早くも変化があった様だ。

特に人気通貨のリップル社が発行するXRPが「C」から「C+」となっているとXRPを推す「リップラー」の中で話題になった。またイーサリアムは「B」から「B-」へ下がった。

一番格付けが高いのが、カルダノのADA(エイダコイン)の「B」となった。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 韓国取引所の顧客資産額は6400億円

  2. 石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

  3. ビットコイン強盗未遂で少年逮捕

  4. ウクライナ、暗号通貨を金融商品として扱う方針か

  5. マイニング大手Canaan、NasdaqへIPO申請

  6. XRPは有価証券になるのか

PAGE TOP

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]