ニュース

仮想通貨の格付けに変化

WeissRatingsが出している仮想通貨の格付けに早くも変化があった様だ。

特に人気通貨のリップル社が発行するXRPが「C」から「C+」となっているとXRPを推す「リップラー」の中で話題になった。またイーサリアムは「B」から「B-」へ下がった。

一番格付けが高いのが、カルダノのADA(エイダコイン)の「B」となった。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ブロックチェーン技術等への制度研究会発足[日本]

  2. BTCによるチャリティプロジェクト、61億円寄付

  3. 仮想通貨活用の危険性

  4. 中国、スタートアップ企業に補助金提供

  5. 世界最大級のフィンテック・カンファレンスにリップルのCEO登場

  6. BTC発掘機で連邦違反

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース