ニュース

ビットコイン2018年は50以上のハードフォークか

ビットコインは既にいくつもハードフォークしている。その代表格がビットコインキャッシュだ。他にもビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドなどがある。

ビットコインキャッシュのように目的意思を持ったハードフォークはユーザーにとってもメリットがあるが、ただハードフォークさせて保有通貨を増やしたいのではないかというような疑念を抱かれてしまうハードフォークも少なくない。

さらに今年は50以上のハードフォークが計画されているようだから、驚きだ。

送金問題等があるビットコイン、そして80万円割れの急落と、ビットコインは果たして終焉が近いのか。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

  2. 日本自主規制団体、内部関係者の情報漏洩・匿名通貨の扱い禁止

  3. Berkeley、ブロックチェーン技術研究機関を設立

  4. ビットポイントが韓国で現物取引仲介

  5. 介護分野でもブロックチェーン技術

  6. テザー問題の影響に関する試算、最大27%ビットコインが下落

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]