ニュース

スペイン大手銀行がリップルを使ったモバイル決済アプリをリリース!

スペインのマドリードに本店を構えるスペイン最大の銀行グループの「サンタンデール銀行」が欧州や南米市場向けに、XRPの発行元であるリップル社の技術を使って一般消費者向けにモバイル決済アプリをリリースする予定だ。

銀行が運営する一般向けのブロックチェーン決済アプリは世界初だ。

同社が取り入れるのはリップル社の「xCurrent」というソフトウェアで 銀行間の送金等で双方がリアルタイムで確認が出来るというものだ。また同社のプレゼンによると「3クリックで40秒」以内の決済を実現させるという。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 大物投資家ジョージ・ソロス氏、暗号通貨投資計画

  2. GSブランクファインCEO、仮想通貨がビジネスリスクに

  3. 押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

  4. イーサリアムネットワーク上で開発されたアプリ1000個以上!

  5. NBAチームでも?!マイニングで慈善活動

  6. 中央集権型取引所の必要性

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?