ニュース

マスターカード、仮想通貨購入でカード利用額が急増

クレジットカード大手マスターカードは、顧客の利用総額が年初来22%増加したと発表した。

最高経営責任者(CEO)のMartina Hund-Mejean氏は同社の顧客が仮想通貨の購入にカードを使用していたことが一因になったと指摘。ただ、仮想通貨の価格下落とともに利用額が減っていると説明した。

また、同社は、仮想通貨会社とともに前払いのデビットカードを試験的に供給していることを明らかにした。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 不正マイニングに警視庁が警告

  2. ロックフェラー財団、暗号通貨業界へ参入

  3. 三菱UFJ、処理量10倍決済システム開発

  4. アルトコインのこれから

  5. リヒテンシュタインでブロックチェーン支援のための法整備

  6. CME、イーサ先物サービス開始への思惑も

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]