ニュース

仮想通貨”保険”って?

コインチェックの仮想通貨流失事件を受けて、仮想通貨に関する保険に関心が集まっている。

今回のコインチェック問題で明らかになったことで、コインチェックの損失は東京海上日動火災保険が補償しているが、取引所への不正アクセスに伴う通貨流出は想定されておらず、今回の事案は対象外となる可能性が高いと1月30日付の日経新聞が報じた。

保険会社は過去の事案のデータベースに基に商品開発や価格設定を行うため、新しい技術を使い黎明期にある仮想通貨の補償を巡っては課題が多いようだ。

米保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は「2014年から仮想通貨の盗難補償を調査し保険証券を発行してきたが、事業はまだ調査段階にある」と明かしている。仮想通貨の価格変動性の高さも補償が難しい要因となっているようだ。

まだ少数ではあるが、国内では現在、三井住友海上火災保険と損害保険ジャパン日本興亜も仮想通貨向けの保険を提供している。また、世界最大の国際保険取引所ロイズなど、多くのグローバル保険大手も慎重な姿勢を取りながらも保険商品を提供し始めている。仮想通貨のメインストリームへの発展を下支えする動きと見られる。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ブロックチェーンに対する各国大学の取り組み

  2. 眼鏡専門店がビットコイン決済を導入!!

  3. bitFlyer USAが事業開始

  4. 停滞した日本の暗号通貨業界の成長

  5. 英CMCマーケッツ、仮想通貨取引サービスの提供開始

  6. 暗号通貨交換業者へ金商法適応か?!

PAGE TOP

ニュース

ロシア、資金洗浄対策規制改定[暗号通貨関連取引]

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”