ニュース

米総合物流大手UPS、決済手段の一つとしてビットコインを検討か

アメリカ総合物流大手UPSが決済手段の一つとしてビットコインの受け入れを検討していることが特許出願書類から判明した。

アメリカ特許商標庁(USPTO)が1日に公表した出願書類によると、同社はデジタル形式の決済が利用可能なロッカーを検討しており、従来の決済システムに加え、ビットコインが決済可能な通貨の一つとしてリストアップされているという。

今回同社が出願したのは、取引システムを備えたロッカーで、売り手が物品をロッカーに入れておくことで、買い手は好きな時に物品を購入・回収できるというもの。出願書類によると、現金のほか、クレジットカードやデビットカード、商品券、グーグルペイやアップルペイ、ペイパル、ビットコイン等の電子決済が決済手段として利用可能なようだ。

各産業では、ビットコインを支払い手段に検討している企業団体と、ビットコインを支払い手段から外す考えをしている企業団体とで分かれている。今後のビットコインの立ち位置に大きく関わっていきそうだ。

《情報提供:フィスコ》

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

 

関連記事

  1. 昨日(9/3)のニュースまとめ

  2. 多発するフィッシング詐欺

  3. 中国政府、ブロックチェーン技術の標準規格作成を検討か

  4. ブログ、簡単にNEM決済導入

  5. フィンテック企業買収発表で株価2600%増

  6. 中国マイニング禁止が解かれる

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース