ニュース

台北市はIOTAと提携発表

台湾の台北市はIOTAと提携を発表し、一般市民向けのサービス提供を目指すようだ。

IOTAはモノのインターネット(Internet of Things=IoT)のために最適化された、ブロックチェーン技術ではなくTangle(タングル)と呼ばれる仕組みを使い取引の高速処理や手数料ゼロを実現している仮想通貨だ。

⇒「IOTAの詳細」を見る

今後、台湾は「スマートシティの新時代へ」導いていくとした。さらにTangle(タングル)技術を使った「タングルID」と呼ばれる市民IDカードの作成を進めている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ジェネシスブロックとは[初心者向け]

  2. 6月にも、ホワイトハッカーの育成開始

  3. ビットコイン用ハードウォレット、9月21日出荷開始

  4. LINE、ICONが共同で新会社設立

  5. イタリアの規制状況

  6. 金融庁の目指すもの

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か