ニュース

台北市はIOTAと提携発表

台湾の台北市はIOTAと提携を発表し、一般市民向けのサービス提供を目指すようだ。

IOTAはモノのインターネット(Internet of Things=IoT)のために最適化された、ブロックチェーン技術ではなくTangle(タングル)と呼ばれる仕組みを使い取引の高速処理や手数料ゼロを実現している仮想通貨だ。

⇒「IOTAの詳細」を見る

今後、台湾は「スマートシティの新時代へ」導いていくとした。さらにTangle(タングル)技術を使った「タングルID」と呼ばれる市民IDカードの作成を進めている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 注目集まる暗号通貨業界、金融庁は動けるか

  2. マスターカードが偽造ID対抗にブロックチェーン技術

  3. SECとCFTC、6日上院証言で、連邦監督機関の設置要請へ

  4. インド政府がビットコインを投機として認めない?

  5. 昨日(7/24)のニュースまとめ

  6. Ripple取引所Mr.Ripple、新システムで新規登録が可能に

PAGE TOP

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ