ニュース

台北市はIOTAと提携発表

台湾の台北市はIOTAと提携を発表し、一般市民向けのサービス提供を目指すようだ。

IOTAはモノのインターネット(Internet of Things=IoT)のために最適化された、ブロックチェーン技術ではなくTangle(タングル)と呼ばれる仕組みを使い取引の高速処理や手数料ゼロを実現している仮想通貨だ。

⇒「IOTAの詳細」を見る

今後、台湾は「スマートシティの新時代へ」導いていくとした。さらにTangle(タングル)技術を使った「タングルID」と呼ばれる市民IDカードの作成を進めている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 36の国と地域で仮想通貨の規制枠組み作成

  2. 株式トークン売買サービス[DX.Exchangeサービス開始]

  3. ロシア法定、ビットコイン関連サイトの禁止を解除決定

  4. 昨日(2/4)のニュースまとめ

  5. フィッシング詐欺、脅威増す

  6. DELLグループが特許へ

PAGE TOP

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]