ニュース

仮想通貨マイニング業者に電力提供をしない企業が現れた

エネルというヨーロッパの最大規模を誇る電力会社が、仮想通貨のマイニング事業を手掛ける「Envion」に再生エネルギーの販売をしない方向を決定したようだ。

理由としては、世界的に電力がマイニングに使われている背景と同社の企業理念が一致しないという事だ。

中国でもマイニングの禁止が起こり、マイナーは中国国外へ移転している。今回大手のエネルの決断が他のマイナーに影響が出るか否かは不明だが、マイニングに関しても積極的な姿勢を取る企業と、そうでない企業の差が激しくなっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコインキャッシュの価格が1,000ドル近くになる

  2. SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

  3. 暗号通貨が証券取引所で取引可能に[インドネシア]

  4. イーサ、米国で機関投資家市場参入へ

  5. ウィキリークスの創始者、ブロックチェーンを用いた「命の証明」

  6. マイニングとは[初心者向け]

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?