ニュース

仮想通貨マイニング業者に電力提供をしない企業が現れた

エネルというヨーロッパの最大規模を誇る電力会社が、仮想通貨のマイニング事業を手掛ける「Envion」に再生エネルギーの販売をしない方向を決定したようだ。

理由としては、世界的に電力がマイニングに使われている背景と同社の企業理念が一致しないという事だ。

中国でもマイニングの禁止が起こり、マイナーは中国国外へ移転している。今回大手のエネルの決断が他のマイナーに影響が出るか否かは不明だが、マイニングに関しても積極的な姿勢を取る企業と、そうでない企業の差が激しくなっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ローソンやイオンなどでキャッシュレス決済導入の動き

  2. ビットフライヤー、約30億円の資金を調達

  3. 昨日(10/18)のニュースまとめ

  4. オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万…

  5. ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

  6. 「密告で儲ける!?」米SECが仕手グループに警告

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ