ニュース

元HSBC行員が設立したフィンテック学習サービスが人気

元HSBCの元トレーダーのボリス・パイヤール氏は退職後コードを書くプログラムを学んだ。その後、「ル・バゴン」という会社を設立し9週間の短期集中でコンピューターのコードを学ぶことが出来るサービスを展開している。

同社のサービスは約87万円だが、元銀行員やコンサルタントなどから人気なようだ。

プログラム等はAIの進出で無くなっていく仕事だともいわれているが、この仮想通貨業界の台頭に、自社でサービスを展開するにあたって自分自身がコードをかけるのは重要なポイントだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Binance、世界を制する取引所へ

  2. 銀行もスマホアプリが主流に

  3. リップルラボ、米証券業界の重鎮をアドバイザーに指名

  4. SBI 送金用スマホアプリ開発

  5. 暗号通貨関連求人の募集倍増

  6. 暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]