ニュース

元HSBC行員が設立したフィンテック学習サービスが人気

元HSBCの元トレーダーのボリス・パイヤール氏は退職後コードを書くプログラムを学んだ。その後、「ル・バゴン」という会社を設立し9週間の短期集中でコンピューターのコードを学ぶことが出来るサービスを展開している。

同社のサービスは約87万円だが、元銀行員やコンサルタントなどから人気なようだ。

プログラム等はAIの進出で無くなっていく仕事だともいわれているが、この仮想通貨業界の台頭に、自社でサービスを展開するにあたって自分自身がコードをかけるのは重要なポイントだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. コインチェック、このあと20時に会見へ

  2. ECBのトップがビットコインに言及

  3. タイ、ICOでの資金調達可能資産を規制

  4. 金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

  5. 中国の規制は正しかったのか

  6. モナコイン、ツイキャス採用で価格上昇

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?