ニュース

元HSBC行員が設立したフィンテック学習サービスが人気

元HSBCの元トレーダーのボリス・パイヤール氏は退職後コードを書くプログラムを学んだ。その後、「ル・バゴン」という会社を設立し9週間の短期集中でコンピューターのコードを学ぶことが出来るサービスを展開している。

同社のサービスは約87万円だが、元銀行員やコンサルタントなどから人気なようだ。

プログラム等はAIの進出で無くなっていく仕事だともいわれているが、この仮想通貨業界の台頭に、自社でサービスを展開するにあたって自分自身がコードをかけるのは重要なポイントだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 新たに認可取引所誕生[フィリピン]

  2. ビットコイン価格、200ドルを試す展開に

  3. MoneyTap、サービス開始!![順次対応金融機関拡大]

  4. リアル「ウルフ・オブ・ウォールストリート​​」がビットコインに言及!

  5. 豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

  6. ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ