ニュース

テックビューロ、セキュリティ対策室を設置

大阪に本店を置く、仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロはコインチェック問題を受けてセキュリティ対策室を新たに設置したようだ。

テックビューロは代表の朝山社長を対策室長として、今まで以上に専業の専門家の雇用や連携を強化を発表した。

同社のセキュリティ対策室設置の大きな目的は、

  • 仮想通貨ウォレットとZaif取引所に関するセキュリティの強化
  • 各省庁とお客様に対する迅速な情報開示
  • インシデント時の迅速な調査と対応方針策定、実施対応、報告
  • 定期的なセキュリティ調査と監査
  • 外部のサービスや専門家を用いた安全性の確認
  • セキュリティ専門家の雇用
  • 定期的なセキュリティに関する協議と報告

であり、安心してユーザーが仮想通貨の取引を行うことが出来る環境を目指す。(引用元へ)

同社は以前からユーザー目線でのサーバーの弱さを指摘されてきたが今後のセキュリティの強化がユーザーにとって使いやすい取引環境を伴うかがポイントになってきそうだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

 

関連記事

  1. ドイツ中央銀行の理事が業界に言及

  2. モスクワでブロックチェーン導入

  3. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

  4. ビットコインウォレットアプリbreadwalletの偽アプリが多数出回…

  5. チリのビットコイン取引所、ビットコインでの寄付受付開始

  6. 【お得なトークン】暴落時に割安なトークンはこれだ!

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ

ニュース

ビットコイン470億円分購入者が現れる?

ニュース

スペインで「ブロックチェーン企業への特別減税法」検討か

ニュース

ビットコインを使ったゲーム、勝者には「1BTC」プレゼント

ニュース

【XRPトークンも!!】ウェスタンユニオンがリップルの技術をテスト