ニュース

韓国で20代男性が自殺、仮想通貨投資失敗が原因か

韓国で仮想通貨の投資に失敗して精神病を患っていたとされる20代の男性が自ら命を絶ったと報道された。

韓国のプサンジン警察署によると、自身の部屋でなくなっているところを母親が発見して通報したようだ。男性は一時は約2000万円近くまで仮想通貨投資で増やしたものの、その後は損を繰り返し元本(投資金)すらも無くなっていたという。

仮想通貨もブロックチェーンも新しい技術で新しい未来を切り開くための未来あるものだ。しかし「仮想通貨投資」はとてもリスクがある。何倍にもなるリターンをリスクなしで得られるわけがない。

このような悲しいことが起こらないように、「投資は余剰金で」する必要がある。投資教育の行われていない日本でも同様の事が起こらないか心配だ。

コインチェック問題や今年に入ってからの下落相場、単純なハイリスク商品の仮想通貨FXなど、思いもしない損をしてしまった方、悩んでいる方、まずは「コインの森」に連絡ください。話を聞くことしかできませんが私が聞きます。私で良ければ聞きます。気軽に話しかけてください。

⇒「コインの森の管理人とメールする」

関連記事

  1. XRP(リップル)への注目が高まる

  2. bitFlyerヨーロッパでも交換業開始

  3. イタリア政府、ビットコインの投機的売買に課税する方針

  4. ブロックチェーンとAIで医療ミスが解決される

  5. 大学生がBTC詐欺未遂

  6. リップルのテクノロジーが大手銀行に使用される

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?