ニュース

コインチェックから流出したNEM、アメリカの大手取引所へ

コインチェックから約600億円相当の人気仮想通貨「NEM」が流出した問題で、NEM財団や協力者が盗まれたNEMの追跡をしている。

流出した「NEM」は複数の口座に分散されて捜査をかく乱させようとしていると見られている。

そんな中、犯人が分散させている中にアメリカにある世界的にも大手の仮想通貨取引所「Poloniex(ポロ二エックス)」が含まれていることが判明したようだ。金額は少額であり、いずれも約8000円相当だという。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ネパール大地震の救済にビットコインコミュニティが参加

  2. ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

  3. ビットコイン、ストックホルム市場で取り扱い開始

  4. 「ビットコインキャンディ」ハードフォークで誕生か!?

  5. サンタンデール、「ブロックチェーンは200億ドル規模のコスト削減に繋が…

  6. イタリアの経済・財務相が仮想通貨批判

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]