ニュース

コインチェックから流出したNEM、アメリカの大手取引所へ

コインチェックから約600億円相当の人気仮想通貨「NEM」が流出した問題で、NEM財団や協力者が盗まれたNEMの追跡をしている。

流出した「NEM」は複数の口座に分散されて捜査をかく乱させようとしていると見られている。

そんな中、犯人が分散させている中にアメリカにある世界的にも大手の仮想通貨取引所「Poloniex(ポロ二エックス)」が含まれていることが判明したようだ。金額は少額であり、いずれも約8000円相当だという。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ベトナムでビットコインでの支払いを認める兆し  

  2. オーストラリア政府はブロックチェーン技術開発に援助

  3. アメリカアトランタ連銀総裁、仮想通貨否定

  4. 経産省、ポイント還元状況公開[キャッシュレスの変化]

  5. 日本の現在のみなし業者

  6. 日銀、ECBとの共同調査報告書公表[取引情報秘匿と管理の両立]

PAGE TOP

ニュース

キャッシュレス決済、中小企業の半数で利用可能に[還元制度終了後の課題]

ニュース

Morgan Stanley、ネット証券E*Trade買収[暗号通貨市場への参入…

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]