ニュース

グーグルのダブルクリック広告サービスで不正マイニング

ネット閲覧ユーザーのパソコンを不正使用して勝手にマイニングを行うという悪事が横行している問題でさらにセキュリティ会社TrendMicroが新たなレポートを出した。

同社の報告では、グーグルのダブルクリック広告サービスが仮想通貨のマイニングマルウェアを送りつけるために使用されたようだ。

ユーザーは気づかいないうちに勝手にモネロという仮想通貨をマイニングし犯人に自動で送ることになる。またこの同様のプログラムはスターバックスのwi-fi環境をハッキングし、使用していた顧客のコンピュータでモネロをマイニングさせたという事例もあった。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 米英政府機関ウェブサイトにも仮想通貨採掘マルウェア仕組まれる

  2. 米シンクタンク、ベネズエラのペトロは「正当な仮想通貨」を害すると警告

  3. ビットコイン信用取引、米で規制下へ

  4. 暗号通貨Liskの特徴

  5. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

  6. モナコインが中国取引所QBTCに上場

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース