ニュース

グーグルのダブルクリック広告サービスで不正マイニング

ネット閲覧ユーザーのパソコンを不正使用して勝手にマイニングを行うという悪事が横行している問題でさらにセキュリティ会社TrendMicroが新たなレポートを出した。

同社の報告では、グーグルのダブルクリック広告サービスが仮想通貨のマイニングマルウェアを送りつけるために使用されたようだ。

ユーザーは気づかいないうちに勝手にモネロという仮想通貨をマイニングし犯人に自動で送ることになる。またこの同様のプログラムはスターバックスのwi-fi環境をハッキングし、使用していた顧客のコンピュータでモネロをマイニングさせたという事例もあった。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 極楽とんぼ加藤「現金主義」

  2. XRPとは[初心者向け]

  3. apple、仮想通貨アプリの制限を強化

  4. 国内の取引所③

  5. 中国銀行のフィンテック計画の中にRippleが入る

  6. チャレンジャー・グレイ&クリスマス、将来はBTCでの給与支払…

PAGE TOP

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]