ニュース

米証券取引委員会がICO調達の6億ドルの凍結命令を獲得

米証券取引委員会(SEC)がICOを調達した資金の凍結命令を裁判所を通して得たようだ。

ICOでの調達した6億ドルを凍結されるのは、アメリカのテキサス州に本部を置くアライズバンクだ。SECは、アライズバンク共同創業者のジャレッド・ライス氏とドバイ在住のスタンリー・フォード氏が当局に登録せずに不正に個人投資家からの資金調達を開始したとしている。

SECはビットコインなどの仮想通貨資産を凍結し、投資家へ返金するように動いている。

ジャレッド・ライス氏は窃盗罪と政府記録改ざんの罪で執行猶予中のようで、今回は虚偽の内容で投資家を集め有名人にも加担させていたようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 米投資ファンドのマルチコイン・キャピタル、ベンチャーキャピタリストから…

  2. 仮想通貨の犯罪利用防止に一手

  3. ノアコイン、水面下で動く

  4. ブロックチェーン技術で極小コンピュータ開発

  5. DMM Bitcoinがサービス開始

  6. SEC、詐欺的なICOを実施した企業を起訴

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]