ニュース

SBI北尾社長、コインチェックを「カス中のカス」

SBIホールディングス代表の北尾吉孝社長は同社2018年3月期第3四半期決算説明会の中で「コインチェック問題」に言及した。

同氏は、今回のコインチェック問題については「本当に初歩的な問題」だと批判した。また続けて、「セキュリティに関しては一番お金をかけなければいけない所」だとして、「セキュリティではなく集客のためにCMに多額の資金を使っているような輩はカス中のカス」と痛烈批判を繰り返した。

また仮想通貨は世界中どこからでも買うことが出来る反面、世界中どこから悪い輩が乗り込んでくるかわからないために、安全対策や盗難対策が重要だと語った。

コインチェック問題で有名になった仮想通貨「NEM」に関しても今後同社のグループの取引所等では取り扱わないとした。

さらに480億円相当の返金に関しても「返済能力」と「財務状況」に関して疑念を露呈していた。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

 

関連記事

  1. 撤退相次ぐも、技術への投資・研究の勢いは衰えず

  2. もとみなし業者の社長、刑事告訴へ[ブルードリームジャパン]

  3. Spindleの今

  4. ブラジルの中央銀行がブロックチェーン研究

  5. 疑わしい取引、去年のおよそ9倍に[警察庁公表]

  6. ロシアの暗号通貨戦略

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ