ニュース

SBI北尾社長、コインチェックを「カス中のカス」

SBIホールディングス代表の北尾吉孝社長は同社2018年3月期第3四半期決算説明会の中で「コインチェック問題」に言及した。

同氏は、今回のコインチェック問題については「本当に初歩的な問題」だと批判した。また続けて、「セキュリティに関しては一番お金をかけなければいけない所」だとして、「セキュリティではなく集客のためにCMに多額の資金を使っているような輩はカス中のカス」と痛烈批判を繰り返した。

また仮想通貨は世界中どこからでも買うことが出来る反面、世界中どこから悪い輩が乗り込んでくるかわからないために、安全対策や盗難対策が重要だと語った。

コインチェック問題で有名になった仮想通貨「NEM」に関しても今後同社のグループの取引所等では取り扱わないとした。

さらに480億円相当の返金に関しても「返済能力」と「財務状況」に関して疑念を露呈していた。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

 

関連記事

  1. USDTは、やはりダメなのか?

  2. 韓国は「公務員は仮想通貨取引の禁止」措置施行へ

  3. モネロ、ハードフォーク延期で調整続く

  4. 第3回研究会、ウォレットに関して

  5. Apple共同設立者がビットコイン関連企業の技術顧問に

  6. テレグラム創設者が「詐欺」に注意勧告

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの