ニュース

Facebookの仮想通貨関連広告禁止

アメリカのフェイスブック (Facebook) 社は人気SNSである「Facebook」での広告に関する規約を変更し、『仮想通貨・ICO・バイナリーオプション』に関する広告の掲載を禁止した。

理由としては同社の担当者は、「このような広告は誤解を招く恐れがあり、また虚偽の宣伝行為と何らかの関連性が見られる」と語った。

はっきり言って「賛成」だ。明らかに、甘い言葉で知識経験の浅い層に高額な何かを支払わせようとする広告が目につく。そんな広告を出して裏で稼いでる人間がいると思うと怒りさえ覚える。Twitterも広告の審査が厳しくなってきていると聞くが、FacebookやTwitterなどの大手がこのあたりを今まで良しとしてきた事実に責任を感じてほしいものだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Youtuberヒカルが詐欺行為か?

  2. スウェーデン政府、2018年にも法定電子通貨の発行判断

  3. XRP投資家の強い意志 ~投票結果~

  4. 南アフリカで巨額のビットコイン詐欺の可能性

  5. スウェーデン中銀、独自暗号通貨を開発か

  6. 英ヴァージン・マネー、ロイズなどに続きクレジットカードによる仮想通貨の…

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?