ニュース

Facebookの仮想通貨関連広告禁止

アメリカのフェイスブック (Facebook) 社は人気SNSである「Facebook」での広告に関する規約を変更し、『仮想通貨・ICO・バイナリーオプション』に関する広告の掲載を禁止した。

理由としては同社の担当者は、「このような広告は誤解を招く恐れがあり、また虚偽の宣伝行為と何らかの関連性が見られる」と語った。

はっきり言って「賛成」だ。明らかに、甘い言葉で知識経験の浅い層に高額な何かを支払わせようとする広告が目につく。そんな広告を出して裏で稼いでる人間がいると思うと怒りさえ覚える。Twitterも広告の審査が厳しくなってきていると聞くが、FacebookやTwitterなどの大手がこのあたりを今まで良しとしてきた事実に責任を感じてほしいものだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. フィスコ、岩手県でマイニング事業

  2. 6月にも、ホワイトハッカーの育成開始

  3. 昨日(10/15)のニュースまとめ

  4. 世界最大級のフィンテック・カンファレンスにリップルのCEO登場

  5. 日本の暗号通貨関連団体[一覧]

  6. ビットコイン発明者、ついに判明か

PAGE TOP

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ