ニュース

不正流出したNEMが20口座に分散か

コインチェック問題で流出した仮想通貨「NEM」を奪ったハッカーは奪ったNEMを20口座に分散させているようだ。

これらは流出したNEMを監視する、通称「JK17」やネム財団からの情報だ。奪い取ったNEMを現金化するのは容易ではないことから、20口座に分散してかく乱させる狙いがあるとみえる。

今後も奪われたNEMの監視は続いていくが、さらに不特定多数の口座に分散されたらどのような対応をしていくのかという点が注目されている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ドイツの当局がICOに警告

  2. ASX、ブロックチェーン技術を導入

  3. ナイジェリアの仮想通貨規制が強化

  4. ロート製薬、独自コイン導入[地域・企業コインの普及]

  5. QuoinexにXRP(リップル)が上場決定

  6. EU副委員長「仮想通貨が悪用されない措置が必要」

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ