ニュース

不正流出したNEMが20口座に分散か

コインチェック問題で流出した仮想通貨「NEM」を奪ったハッカーは奪ったNEMを20口座に分散させているようだ。

これらは流出したNEMを監視する、通称「JK17」やネム財団からの情報だ。奪い取ったNEMを現金化するのは容易ではないことから、20口座に分散してかく乱させる狙いがあるとみえる。

今後も奪われたNEMの監視は続いていくが、さらに不特定多数の口座に分散されたらどのような対応をしていくのかという点が注目されている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 韓国でも仮想通貨への監視の目を強化

  2. ガンホー会長がICOに言及

  3. 仮想通貨取引所も信託保全へ

  4. xCurrent(エックスカレント)とは?

  5. ビットバンク取引再開しデータ提供

  6. 財務省、暗号通貨の送金にルール作り

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行