ニュース

不正流出したNEMが20口座に分散か

コインチェック問題で流出した仮想通貨「NEM」を奪ったハッカーは奪ったNEMを20口座に分散させているようだ。

これらは流出したNEMを監視する、通称「JK17」やネム財団からの情報だ。奪い取ったNEMを現金化するのは容易ではないことから、20口座に分散してかく乱させる狙いがあるとみえる。

今後も奪われたNEMの監視は続いていくが、さらに不特定多数の口座に分散されたらどのような対応をしていくのかという点が注目されている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ブロックチェーン活用でスマホ投票可能に

  2. 昨日(6/20)のニュースまとめ

  3. マルタ、株式のトークン化に注力か

  4. テレグラムはプレセール参加者を選別

  5. 米NY州のプラッツバーグ市、商業仮想通貨マイニングを一時停止命令

  6. 行政の記録保管にブロックチェーン技術使用

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]