ニュース

不正流出したNEMが20口座に分散か

コインチェック問題で流出した仮想通貨「NEM」を奪ったハッカーは奪ったNEMを20口座に分散させているようだ。

これらは流出したNEMを監視する、通称「JK17」やネム財団からの情報だ。奪い取ったNEMを現金化するのは容易ではないことから、20口座に分散してかく乱させる狙いがあるとみえる。

今後も奪われたNEMの監視は続いていくが、さらに不特定多数の口座に分散されたらどのような対応をしていくのかという点が注目されている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 分散型取引所創設者の責任

  2. ベトナムで707億円相当のICO詐欺

  3. apple、仮想通貨アプリの制限を強化

  4. ナスダック、電子投票システムを開発

  5. カナダ初のブロックチェーンETFが上場

  6. Chaintope、DELITAと提携[電力供給と消費環境の激変]

PAGE TOP

ニュース

CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは急騰]

ニュース

暗号通貨に関する改正案、衆院通過[G20・対日審査]

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ