ニュース

不正流出したNEMが20口座に分散か

コインチェック問題で流出した仮想通貨「NEM」を奪ったハッカーは奪ったNEMを20口座に分散させているようだ。

これらは流出したNEMを監視する、通称「JK17」やネム財団からの情報だ。奪い取ったNEMを現金化するのは容易ではないことから、20口座に分散してかく乱させる狙いがあるとみえる。

今後も奪われたNEMの監視は続いていくが、さらに不特定多数の口座に分散されたらどのような対応をしていくのかという点が注目されている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

  2. LINE、利益半減でも株価上昇

  3. シンガポールのヘッジファンド、アビトラで運用

  4. インド、クレジットカードでの仮想通貨購入禁止へ

  5. 韓国、マルタ島のようになるか

  6. マイニングに対する各国の動き

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘