ニュース

bitFlyerの新上場銘柄は「LISK」

アクセス難が続いているbitFlyerだが、新年早々に加納社長が示唆していた「bitFlyer新上場銘柄」が人気仮想通貨「LISK」であることがわかった。

加納社長がTwitterでほのめかしてからは、それに便乗した「詐欺」的行為や「仕手」行為が続き、bitFlyer社長としてだけでなく、日本ブロックチェーン協会の代表理事としても自覚が足りなかったのではと批判が相次いでいた。

同社が「LISK上場」を発表してから人気仮想通貨LISKは約30%近い上昇を見せている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 改正資金決済法がついに施行

  2. 中国の取引所が10月末までに取引停止

  3. イギリスでは犯罪捜査にブロックチェーン技術を応用

  4. ウクライナは2017年に150台のビットコインATMを設置する予定

  5. オウケイウェイヴが仮想通貨業界へ進出

  6. 国内初、マイニングマシン販売

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ