ニュース

Tether のUSDT が怪しいと話題でビットコインが危ない?

TetherのUSDT が怪しいと話題になっている。きっかけは半年で約10倍近くにもなった発行数が発行上限を超えているところから始まった。

USDTとは法定通貨(Fiat currency)と常に1対1の連動した価値を持ち、常に1USDT=1USD(米ドル)である。これは同等の米ドルを同社が持っていることが裏付けとなっているが、あまりにハイペースで発行していくTetherにその預金があるかという点が怪しくなってきた。一部では「USDTはいくらでも発行できる」という関係者の発言を取り上げている報道もあった。

また問題は、このUSDTがビットコインを買い支えているのではという点だ。

この流れが事実だとすると、むやみに発行しすぎたUSDTの価値の裏付けへの不安が価格に影響してUSDTが崩壊する可能性があり、そうなると今までUSDTで買い支えされていたビットコインが大きく下落するのではないかという事だ。

既にこの動きを予測して、ビットコインやビットコインと価値が連動すると思われる通貨から資産を移動している投資家もいるようだ。USDTとTether界隈の動きに要注意だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 新たにフジデンがBTC決済導入

  2. G20共同声明案、仮想通貨の国際機関による監視強化要請か

  3. マネックス、アメリカでの暗号通貨事業参入準備

  4. リヒテンシュタインでブロックチェーン支援のための法整備

  5. 昨日(1/3)のニュースまとめ

  6. 金融立国シンガポールの対応

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ