ニュース

Tether のUSDT が怪しいと話題でビットコインが危ない?

TetherのUSDT が怪しいと話題になっている。きっかけは半年で約10倍近くにもなった発行数が発行上限を超えているところから始まった。

USDTとは法定通貨(Fiat currency)と常に1対1の連動した価値を持ち、常に1USDT=1USD(米ドル)である。これは同等の米ドルを同社が持っていることが裏付けとなっているが、あまりにハイペースで発行していくTetherにその預金があるかという点が怪しくなってきた。一部では「USDTはいくらでも発行できる」という関係者の発言を取り上げている報道もあった。

また問題は、このUSDTがビットコインを買い支えているのではという点だ。

この流れが事実だとすると、むやみに発行しすぎたUSDTの価値の裏付けへの不安が価格に影響してUSDTが崩壊する可能性があり、そうなると今までUSDTで買い支えされていたビットコインが大きく下落するのではないかという事だ。

既にこの動きを予測して、ビットコインやビットコインと価値が連動すると思われる通貨から資産を移動している投資家もいるようだ。USDTとTether界隈の動きに要注意だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 保身の対応は早いZaif

  2. 活発になるデータビジネス、プライバシー保護対策

  3. 昨日(12/22)のニュースまとめ

  4. BCHの勢いが止まらない

  5. 51%攻撃の危険性からか?PoWの通貨取扱停止

  6. オーストラリア政府はブロックチェーン技術開発に援助

PAGE TOP

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]