ニュース

リップル社と提携のマネーグラムCEO

ニューヨーク証券取引所に上場している、リップル社が提携を発表して話題になった国際送金サービスを行うアメリカの「マネーグラム」は今後国境を越えた新しい送金手法にリップル社の技術を採用している。

マネーグラムのCEOのAlex Holmes氏は、仮想通貨の相場に関しては特に注目しておらず、この新たな送金手法に対して「大いに魅了的だ」と期待感を高めた。

RippleのxRapidを取り入れることで、企業が米ドルを受け取ってXRPに変換し、数秒以内に別の金額の通貨に変換することを可能にする。何百万ドルという金額120もの通貨を取り扱うマネーグラムにとってはこれがリアルタイムで即座にできることに為替相場の影響が受けにくくなる点で時間的価値があるとした。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Megaupload の創設者がビットコインサービスを新たに発表

  2. 韓国最大手取引所Bithumbが今年中にICO実施

  3. タイ財務省、暗号資産に関する課税枠組みを発表

  4. イスラエル、銀行と政府の考え不一致

  5. 分散型取引所でもハッキング被害

  6. 自分の資産、保護のために

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]