ニュース

bitFlyerヤマダ電機と提携もアクセス難航続く

認可取引所のbitFlyerはヤマダ電機とのパートナー提携を発表し、昨日より店頭(新宿区と中央区の2店舗)でのビットコイン決済を開始した。

bitFlyerは今月23日よりアクセスがしにくい状態が続いておりユーザーからも不安な声が出ている。コインチェック問題が起こっているためにアクセスできないユーザーは不安だろう。しかし同社の加納代表は日本ブロックチェーン協会の代表理事でもあり、同協会はコールドウォレットを推進していることから最低限のセキュリティは大丈夫そうだ。

⇒「安心できる取引所は?」を読む

関連記事

  1. Huobiの新たなプロジェクト

  2. bitFlyer、新たなサービス

  3. 米商品先物取引委員会がUSDT発行のテザー社を呼出す

  4. ロシアの保健省、ブロックチェーンの試験導入開始

  5. 昨日(10/5)のニュースまとめ

  6. 国内取引所BitFlyer、欧州進出準備

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ