ニュース

bitFlyerヤマダ電機と提携もアクセス難航続く

認可取引所のbitFlyerはヤマダ電機とのパートナー提携を発表し、昨日より店頭(新宿区と中央区の2店舗)でのビットコイン決済を開始した。

bitFlyerは今月23日よりアクセスがしにくい状態が続いておりユーザーからも不安な声が出ている。コインチェック問題が起こっているためにアクセスできないユーザーは不安だろう。しかし同社の加納代表は日本ブロックチェーン協会の代表理事でもあり、同協会はコールドウォレットを推進していることから最低限のセキュリティは大丈夫そうだ。

⇒「安心できる取引所は?」を読む

関連記事

  1. 暗号通貨担保、USDCを採用

  2. 昨日(9/19)のニュースまとめ

  3. 極楽とんぼ加藤「現金主義」

  4. 韓国で暗号資産の大手取引所フォビが取引開始

  5. 詐欺的な会社を判別するサイト開設[ベルギー]

  6. 暗号通貨経済を握るのは?[キーワードはイギリス・島国]

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ