ニュース

ネオヒルズ族のICOに要人が参加?

常に「詐欺」というワードと一緒に仕事をしている『高額商材屋』がICOを実施、要人を囲い込んでいるようだ。

高額商材屋と言えば、「与沢 翼」「泉 忠司」「久積 篤史」「土屋ひろし」など有名人がごろごろいるが、彼らの得意としたプロダクトローンチは情報弱者に対しての煽り売りであり、「詐欺と合法の間のグレー」ビジネスだ。

与沢 翼氏は業界を引退したようだが、勧誘補助を行っている。泉 忠司氏は上場確定のICOという案件を行っている真っ最中だ。土屋ひろし氏を知る者は「彼は批判を受けたくないからインタビュアーという立場でしか仕事をしない。しかしやってることは同じだ」と語る。

そんな中、ネオヒルズ族として有名な久積 篤史氏は自称アメリカ籍の法人EXTRAVAGANZA INTERNATIONAL社で「PATRON-ICO」というICOをしている。同氏が運営しているとみられる情報サイトでは「仮想通貨第2位イーサリアム中国の共同設立者が顧問に」と発表した。

当然、日本人の方は怪しくて手を出さないと思うが、このように「高額情報商材販売会社が仮想通貨業界」にどんどん参入してきているから注意してほしい。

関連記事

  1. ゴールドマンサックスの見解

  2. 空港に暗号通貨ATM設置

  3. 仮想通貨の取得は非課税になる見込み

  4. アメリカ財務長官「仮想通貨がスイスの銀行口座にならないように」

  5. ブロックチェーン技術、食品にも適用へ

  6. インド、暗号通貨取引量急増

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの

ニュース

ジョン・マカフィー氏、2日間意識不明

ニュース

仙台でNEMのミートアップ

ニュース

幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

ニュース

マウントゴックス、民事再生決定

ニュース

登録済み取引所への行政処分

ニュース

DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料