ニュース

GACKTコイン、事務局のずさんな現状

GACKTコインで一躍有名になった、スピンドル(Spindle・SPD)のずさんな運営状況が明らかになった。

GACKTがネットでスピンドルについて公表する以前より購入していた個人投資家にインタビューしたところ、

「運営からメールが全然返ってこなく、初期に買った分がウォレットに全く反映されない。代理店は運営本部のメールをコピーして送ってくるだけで、大型ICOを控えているとは思えない運営状況だ。SNSに書き込んでも一度のレスポンスも無い」と熱く語った。

ただでさえ、SNSを活用できていなく詐欺師の格好の餌になっているスピンドルだが、実際のトークン発行も上手く勧められていないようだ。

GACKTの取り巻きの商材屋出身の幹部の動きが良くないと、一部関係者は言う。

スピンドルはGACKTが関わって正解だったのか否か、疑問が残る。

関連記事

  1. 昨日(1/9)の更新記事まとめ

  2. Ripple社の技術を採用した送金アプリ[邦銀61行が参加]

  3. コインチェック問題の記事まとめ

  4. ボスティック米アトランタ連銀総裁、仮想通貨は投機的な資産

  5. 無視できない暗号通貨の成長

  6. ドコモ、ヤフー大手企業も続々QRコード決済へ

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ