ニュース

仮想通貨取引で手数料がかからないアプリがアメリカでリリース

仮想通貨はまだ新興市場であり乱高下も目立つために実質「手数料」が高くなってしまうのは仕方がない。そんな中、株の売買に手数料がかからないサービスで有名なRobinhoodが仮想通貨を取り扱うようだ。

取り扱い通貨は「ビットコイン」と「イーサリアム」であり、今後は対応予定リストには「ビットコインキャッシュ」や「イーサリアムクラシック」「ライトコイン」「リップル(XRP」「Zash」「Zcash」「Monero」「Lisk」などが入っている。

やはりユーザー目線では手数料がゼロというのは魅力的だ。大手取引所などは1~5%ほどの手数料を取るところが多い。同社の利益が気になる所であるが、同社は利益を二の次に考え、まずは良質なサービス提供へ努めるという。

⇒「安心できる取引所は?」を読む

関連記事

  1. みずほ「Jコイン」実証実験開始

  2. 暗号通貨を手に入れるには?

  3. カブドットコム、ブロックチェーン利用の企業内コインを導入

  4. DMM Bitcoin、生体認証対応[声・顔・指紋]

  5. BitTrade(ビットトレード)がMT4に対応

  6. コインチェックCMに人気タレント出川哲朗

PAGE TOP

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ