ニュース

仮想通貨取引で手数料がかからないアプリがアメリカでリリース

仮想通貨はまだ新興市場であり乱高下も目立つために実質「手数料」が高くなってしまうのは仕方がない。そんな中、株の売買に手数料がかからないサービスで有名なRobinhoodが仮想通貨を取り扱うようだ。

取り扱い通貨は「ビットコイン」と「イーサリアム」であり、今後は対応予定リストには「ビットコインキャッシュ」や「イーサリアムクラシック」「ライトコイン」「リップル(XRP」「Zash」「Zcash」「Monero」「Lisk」などが入っている。

やはりユーザー目線では手数料がゼロというのは魅力的だ。大手取引所などは1~5%ほどの手数料を取るところが多い。同社の利益が気になる所であるが、同社は利益を二の次に考え、まずは良質なサービス提供へ努めるという。

⇒「安心できる取引所は?」を読む

関連記事

  1. 韓国「取引実名制」導入で取引可能に

  2. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

  3. 米証券取引委員会がICO調達の6億ドルの凍結命令を獲得

  4. Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術…

  5. ビットコインの拡張性について

  6. ハリウッドの映画会社がビットコイン企業と提携

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】