ニュース

コインチェック社長、損失補償を決断。顧客の反応は賛否両論

コインチェックが衝撃の判断を下した。約600億のハッキング被害にあってしまったユーザーの損失を完全自己資金で補償すると発表したのだ。

史上最大のハッキング事件は、史上最大のスピードで解決へと向かいそうだ。600億円近くの補償をこのスピード感で経営判断できるのは凄いことである。またそれだけキャッシュを持っていたという事に驚きの声を目にする。

しかし、NEMを持っていた方々の反応は賛否両論だ。1つめはレートである。平均値を取っているとのことだが直近の上昇も合わせて7~8割相当の返金という事になる。2つめは税金だ。今回のNEMをJPY(円)へというのが『決済』行為になるのであれば税金対象だがやや割安でのレート決済に不満の声も見受けられる。

総じて、コインチェックは 評価される経営判断をしたのだと思う。私自身、この件は長引くと思っていたので、このスピード感が何よりの評価だ。

◆コインチェック対応まとめ◆

・NENはJPYで補償返金
・対象者は26万人
・レートは88.549円
・返金総額は460億円( 5億2300万XEM)
・時期は検討中
・補償原資は自己資金

⇒「安心できる取引所は?」を読む

関連記事

  1. LINEが仮想通貨決済を検討

  2. 新宿マルイ アネックスが仮想通貨ビットコイン決済導入

  3. リップルラボ、米証券業界の重鎮をアドバイザーに指名

  4. XRP発行の「リップル社」のCEOが中国マーケットに言及

  5. MUFGとNTTがタッグ

  6. 仮想通貨投資が集中

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】