ニュース

今後のコインチェックの選択肢はいかに

未だ波紋を呼ぶコインチェック問題、その収束への注目度は上がるばかりだ。

⇒「コインチェック会見まとめ」を読む

ネット上でもコインチェックの今後の選択肢について議論されている。

① 破たん

失ったNEMの総額である600億が彼らにとってどの程度の負担なのか?によるがシンプルなのは「倒産・破たん」でる。以前、和田代表はTwitterにて6億程度のハッキングが起これば弁済できないというような趣旨を投稿している。しかし、仮想通貨の値上げや、手数料などの利益の内部留保などがどれほどになるかは憶測の域を越えない。

② 現金弁済

一部では、数千億というコインチェック利益予測をしている報道があり、弁済しても営業が続けられるという意見もあった。

③ 再建トークン発行

過去にも同様のケースがあるので、今回の債券分にあたるトークンを発行することで弁済をしていくという方法。

④ 第三者による救済

会見でも焦点となった第三者からの救済だが、会見時ではそのような話はなかったようだ。しかしその後名乗りを上げる企業があるかもしれない。どこにメリットを感じるかとう点がポイントになりそうだ。

⑤ 弁済無しで営業再開

NEMのハッキング被害による弁済は行わずに、取り扱い通貨を減らして営業再開。当然、出金ラッシュになるだろう。また今回の件で国の交換業の認可の判断にも影響は出そうだ。

関連記事

  1. 暗号通貨で不動産決済、実証実験が完了[日本]

  2. 英GWのGateHub、仮想通貨トレードプラットフォーム提供開始

  3. 国内取引所BTCBOXが資金調達を実施

  4. 東大、ソラミツ等との共同で地域通貨の実証研究を開始

  5. 広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

  6. 取引所のウォレットと個人のウォレット

PAGE TOP

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]

ニュース

警察庁、[令和元年の犯罪情勢【暫定値】]公表【「対面型犯罪」から「非対面型犯罪」…

ニュース

クレディセゾン、カードレスへ[カードの不正利用]