ニュース

今後のコインチェックの選択肢はいかに

未だ波紋を呼ぶコインチェック問題、その収束への注目度は上がるばかりだ。

⇒「コインチェック会見まとめ」を読む

ネット上でもコインチェックの今後の選択肢について議論されている。

① 破たん

失ったNEMの総額である600億が彼らにとってどの程度の負担なのか?によるがシンプルなのは「倒産・破たん」でる。以前、和田代表はTwitterにて6億程度のハッキングが起これば弁済できないというような趣旨を投稿している。しかし、仮想通貨の値上げや、手数料などの利益の内部留保などがどれほどになるかは憶測の域を越えない。

② 現金弁済

一部では、数千億というコインチェック利益予測をしている報道があり、弁済しても営業が続けられるという意見もあった。

③ 再建トークン発行

過去にも同様のケースがあるので、今回の債券分にあたるトークンを発行することで弁済をしていくという方法。

④ 第三者による救済

会見でも焦点となった第三者からの救済だが、会見時ではそのような話はなかったようだ。しかしその後名乗りを上げる企業があるかもしれない。どこにメリットを感じるかとう点がポイントになりそうだ。

⑤ 弁済無しで営業再開

NEMのハッキング被害による弁済は行わずに、取り扱い通貨を減らして営業再開。当然、出金ラッシュになるだろう。また今回の件で国の交換業の認可の判断にも影響は出そうだ。

関連記事

  1. スイスの金融当局がICOの調査へ

  2. 日本進出を示唆している取引所

  3. SBIは取引所セキュリティ向上へ、SONYは個人保管の利便性向上へ

  4. NY州で作業部会設立[アメリカの法規制整備への動き]

  5. 仮想通貨の促進広告に関し「グーグル」すでに対応との回答

  6. マネックス、アメリカでの暗号通貨事業参入準備

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ