ニュース

NEMが悪いわけではない ~コインチェック問題~

コインチェック問題から一日経ち、その被害を訴えるユーザーや客観的に視る有識者たちの意見が交差している。重要なことは、「コインチェックはハッキングの被害者」であるということだが、当然その過失に関しては問われなければならない。業界人からもTwitterなどを通して応援の言葉が届いている。

⇒「コインチェック会見まとめ」を読む

今回、勘違いしてはいけないのは『NEM』という仮想通貨のセキュリティが悪かったわけではないという点だ。

そもそもブロックチェーンでお互いを承認し合うことで成り立つこの仕組みでは、この多額な盗んだ資金を換金することは容易ではない。さらにNEM財団は早くから不正出金された多額のNEMの追跡を行っており、同時に自動追跡ツールを1~2日以内で作るとまで言っている。

この追跡の結果や、この問題の収束の結末次第ではNEMという通貨の信頼が逆に上がるチャンスであるとも言える。

⇒「安心できる取引所は?」を読む

関連記事

  1. シンガポール首相、銀行にブロックチェーン研究維持を指示

  2. 欧州中央銀行のさらなる研究

  3. XRP,取引所へ続々上場

  4. ライトニングネットワーク決済でピザ購入

  5. 韓国大手カカオが独自仮想通貨で自社サービスを再編

  6. 海外取引所、日本でのサービス停止

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲