ニュース

コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

コインチェックは昨夜の会見で約600億円相当のNEMの不正引き出しのハッキングにあったと明らかにした。国の認可を受けた登録業者では無かったコインチェックだがユーザー数は国内最大級とされている。

⇒「コインチェックは認可されない」を読む

では、安心できる取引業者はないのか?

今の仮想通貨取引所は「顧客の資産保全」がされていない。まだそこまで法整備がされていないのだ。

⇒「信託保全は急務だ」を読む

となると、取引所ごとのセキュリティのリテラシーが余計に問われる事になる。コインチェックは過失とまでは断言してしまっていいかわからないものの、出来る対策は存在した。同社はその『開発が間に合っていなかった』と弁明した。

⇒「コインチェック会見まとめ」を読む

今回の件でハッキングの原因と話題となったのはホットウォレットだ。使い勝手は良いがハッキングの恐れのる「ホットウォレット」と使い勝手は悪いがセキュリティの高い「コールドウォレット」だが、今月XRP(リップル)の上場で話題になった認可取引所である「Quoinex」はコールドウォレットで管理しているようだ。今一度セキュリティの高い取引所の口座の開設を勧める。

 

関連記事

  1. Amazon、AWSがKaleidoの提供

  2. 昨日(10/16)のニュースまとめ

  3. 新しいBTC決済技術開発

  4. マルタ、ブロックチェーン研究学生に奨学金

  5. 元リップルCEO資産、マーク・ザッカーバーグ超え

  6. 日本のフィンテック企業PaidyにVISAが出資

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

SBLOCK2.0の運用停止・換金・出金方法[コインの森なんでも相談室]

ニュース

マレーシア、NEMを活用した学位証明[教育]

ニュース

経産省、ポイント還元のための地図アプリ公表[キャッシュレス決済]

ニュース

IINに東南アジア大手金融機関OCBC、加盟[送金]

ニュース

Facebook、Libraの担保となる資産割合開示

ニュース

UAE,医療分野でブロックチェーンを導入

ニュース

独立行政法人経済産業研究所、ブロックチェーンに関するシンポジウム開催