ニュース

コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

コインチェックは昨夜の会見で約600億円相当のNEMの不正引き出しのハッキングにあったと明らかにした。国の認可を受けた登録業者では無かったコインチェックだがユーザー数は国内最大級とされている。

⇒「コインチェックは認可されない」を読む

では、安心できる取引業者はないのか?

今の仮想通貨取引所は「顧客の資産保全」がされていない。まだそこまで法整備がされていないのだ。

⇒「信託保全は急務だ」を読む

となると、取引所ごとのセキュリティのリテラシーが余計に問われる事になる。コインチェックは過失とまでは断言してしまっていいかわからないものの、出来る対策は存在した。同社はその『開発が間に合っていなかった』と弁明した。

⇒「コインチェック会見まとめ」を読む

今回の件でハッキングの原因と話題となったのはホットウォレットだ。使い勝手は良いがハッキングの恐れのる「ホットウォレット」と使い勝手は悪いがセキュリティの高い「コールドウォレット」だが、今月XRP(リップル)の上場で話題になった認可取引所である「Quoinex」はコールドウォレットで管理しているようだ。今一度セキュリティの高い取引所の口座の開設を勧める。

 

関連記事

  1. ゲームクリアでBTCが手に入る!

  2. 欧州委員会のブロックチェーン技術に対する熱意と期待

  3. Facebook、広告詐欺を掲載繰り返す

  4. 国内の取引所③

  5. 著名投資家のエリック・ジャクソンが業界に言及

  6. 仮想通貨取引所の信託保全が急務となる

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ