ニュース

コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

コインチェックは昨夜の会見で約600億円相当のNEMの不正引き出しのハッキングにあったと明らかにした。国の認可を受けた登録業者では無かったコインチェックだがユーザー数は国内最大級とされている。

⇒「コインチェックは認可されない」を読む

では、安心できる取引業者はないのか?

今の仮想通貨取引所は「顧客の資産保全」がされていない。まだそこまで法整備がされていないのだ。

⇒「信託保全は急務だ」を読む

となると、取引所ごとのセキュリティのリテラシーが余計に問われる事になる。コインチェックは過失とまでは断言してしまっていいかわからないものの、出来る対策は存在した。同社はその『開発が間に合っていなかった』と弁明した。

⇒「コインチェック会見まとめ」を読む

今回の件でハッキングの原因と話題となったのはホットウォレットだ。使い勝手は良いがハッキングの恐れのる「ホットウォレット」と使い勝手は悪いがセキュリティの高い「コールドウォレット」だが、今月XRP(リップル)の上場で話題になった認可取引所である「Quoinex」はコールドウォレットで管理しているようだ。今一度セキュリティの高い取引所の口座の開設を勧める。

 

関連記事

  1. 【お得なトークン】暴落時に割安なトークンはこれだ!

  2. 国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

  3. ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

  4. bitbank,BTCでの貸仮想通貨サービス開始

  5. 「暗号通貨の分散化議論はクソ」と酷評

  6. ネット印刷でもビットコイン決済が可能に

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ