ニュース

コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

コインチェックは昨夜の会見で約600億円相当のNEMの不正引き出しのハッキングにあったと明らかにした。国の認可を受けた登録業者では無かったコインチェックだがユーザー数は国内最大級とされている。

⇒「コインチェックは認可されない」を読む

では、安心できる取引業者はないのか?

今の仮想通貨取引所は「顧客の資産保全」がされていない。まだそこまで法整備がされていないのだ。

⇒「信託保全は急務だ」を読む

となると、取引所ごとのセキュリティのリテラシーが余計に問われる事になる。コインチェックは過失とまでは断言してしまっていいかわからないものの、出来る対策は存在した。同社はその『開発が間に合っていなかった』と弁明した。

⇒「コインチェック会見まとめ」を読む

今回の件でハッキングの原因と話題となったのはホットウォレットだ。使い勝手は良いがハッキングの恐れのる「ホットウォレット」と使い勝手は悪いがセキュリティの高い「コールドウォレット」だが、今月XRP(リップル)の上場で話題になった認可取引所である「Quoinex」はコールドウォレットで管理しているようだ。今一度セキュリティの高い取引所の口座の開設を勧める。

 

関連記事

  1. ブロックチェーン技術特許、中国が他国に大差つけトップ

  2. Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービ…

  3. 台湾は11月に新たな規制施行予定

  4. アルトコインのこれから

  5. ロシアが強い規制か

  6. フランスは「仮想通貨デリバティブ取引」と「ネット広告」を規制へ

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]