ニュース

コインチェック完全機能停止、止まらないユーザーの不安

金融庁の認可がまだ降りていない、日本最大級の取引所「コインチェック」がNEM・XRP(リップル)の多額の不明出金を痕跡とともに入出金や売買などのサービス機能を停止させた。

記者会見を行う予定でがあるとの一部報道が出ているが、日時は不明だ。既に海外でも報道されている。

コインチェックでは600億円以上の人気仮想通貨「NEM」が資金移動しており、また同じく人気仮想通貨である「XRP(リップル社発行)」も100億近くのXRPの資金移動も見受けられているようだ。NEMに関しては一度に引き出されたのちに、バラバラのアカウントに分散されているようで、これがコインチェック社の対応なのか、噂されているようにハッキングによるものなのかは記者会見を待つ他無い。

しかしながら、ユーザーの不安は高まるばかりだ。

関連記事

  1. Berkeley、ブロックチェーン技術研究機関を設立

  2. ウクライナ、暗号通貨は金融商品か

  3. イラン、マイニングを正式な産業として認可

  4. 米イーストマン・コダック、コダックコインのホワイトペーパーを公開

  5. 昨日(7/19)のニュースまとめ

  6. SNSで仮想通貨を稼ぐ夢のアプリ

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは