ニュース

仮想通貨の成功は「地方」と「途上国」にあり?

仮想通貨業界の躍進が目立つ中、今月中旬のビットコイン含む仮想通貨の全面下落に新ためて業界批判をするコラムニストや大企業の役員などが目立っています。仮想通貨投資と一言で言っても、「通貨の購入」「FX」「ICO」「マイニング」などとそれぞれの特性は様々だ。

そんな中、経済危機に面しているベネズエラは独自コインの発行による経済立て直しの打開策を進めている。このように、発展途上国や経済危機に面している国にとっては「仮想通貨」をうまくつかうことで大きなメリットがあるとされる。

また国内でも地方などが発行する「地域通貨」は注目を浴びている。日本のように「円」に強い信頼があると日本全体では「円」が仮想通貨と取って代わるのは難しいかもしれないが、地域ごとでは十分に利用できるとされ、今後「地域通貨」は増えていくだろう。

関連記事

  1. モネロ、ハードフォークで5つに分裂

  2. 取引所がICOを取り仕切って健全化へ

  3. 欧州証券市場監督機構の長官が厳しい警告

  4. 日本、世界最高の暗号通貨保有率

  5. マレーシア、仮想通貨取引には身分証提出を義務

  6. 日本のブロックチェーン産業も活発に

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ