ニュース

韓国のカード会社が他国取引所への決済を遮断

韓国は仮想通貨の規制を強めていることで世界中から注目されているが、実名取引を徹底することで落ち着きそうだ。

そんな韓国のカード会社は政府の規制の動きをみて、国外の取引所への取引をブロックしているという。明らかになっているのはロッテカード新韓カードで、海外の20の仮想通貨取引所との取引を遮断しているようだ。

これはあくまでカード会社の独自判断であり、韓国国内投資家が別の決済方法で国外の取引所で取引することは可能である。

関連記事

  1. 止まらぬRippleの快進撃

  2. カカオ、美容ブロックチェーン事業に投資

  3. EUは教育分野にブロックチェーンを

  4. Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術…

  5. ロシア初、債券取引をブロックチェーンプラットフォームで

  6. オマーン銀行、リップルネット加盟

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]