ニュース

大阪からブロックチェーンを使ったメッセージアプリ、ICOも計画

大阪市北区梅田に本店を構える「LABO株式会社」( 代表責任者: 松本 真宜)はブロックチェーン技術を用いたメッセージアプリやウォレットを手掛けている。同社はICOの計画も発表している。

トークンの総発行数は2,800万 LABOとし、1LABO は0.001ETHと交換を予定されていることから、推定でも30億近くを調達目標としているようだ。

メッセージアプリは匿名性や検閲などがされないということで多くのユーザーに使われることとなったものも多く、同社のサービスとなるメッセージアプリも同様だ。

またメッセージアプリといえば「テレグラム」だ。テレグラムも大規模ICOを展開することが決まっており注目を浴びている。

関連記事

  1. Mt.GOXの民事再生、Bitcoin価格への影響

  2. 楽天、独自暗号通貨を発行

  3. フィンランド警察が追うOneCoinプロジェクト

  4. ダークウェブ運営の男を逮捕、所持していた仮想通貨は約950億円相当

  5. スワジランドが仮想通貨を研究

  6. アメリカ医療保険最大手でブロックチェーン導入の試み

PAGE TOP

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ