ニュース

大阪からブロックチェーンを使ったメッセージアプリ、ICOも計画

大阪市北区梅田に本店を構える「LABO株式会社」( 代表責任者: 松本 真宜)はブロックチェーン技術を用いたメッセージアプリやウォレットを手掛けている。同社はICOの計画も発表している。

トークンの総発行数は2,800万 LABOとし、1LABO は0.001ETHと交換を予定されていることから、推定でも30億近くを調達目標としているようだ。

メッセージアプリは匿名性や検閲などがされないということで多くのユーザーに使われることとなったものも多く、同社のサービスとなるメッセージアプリも同様だ。

またメッセージアプリといえば「テレグラム」だ。テレグラムも大規模ICOを展開することが決まっており注目を浴びている。

関連記事

  1. コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

  2. リップル社のCEOが『XRP不要論』に言及!!【リップラー必見】

  3. 山陰合同銀行が社内でブロックチェーン技術の実証実験を開始

  4. 【速報】コインチェック会見まとめ!代表は涙目

  5. bitFlyerの新上場銘柄は「LISK」

  6. ロシアの中央銀行がICOに前向きか

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味

ニュース

【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とする試み

ニュース

【超高額!!】不動産物件をBTCで売り出す

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める