ニュース

韓国「取引実名制」導入で取引可能に

韓国では仮想通貨業界に関して強い規制を検討している。仮想通貨投資が積極的であった韓国国民にとっては窮屈な規制である。

しかしFX取引所の現状を考慮してしまえば、国外取引所で取引することも出来ることから特に問題視していない韓国の個人投資家もいるようだ。

しかし今回、韓国政府の方針が明らかになった。

韓国政府は今月30日に「取引実名制」を導入することで取引も容認していくようだ。

この取引実名制には細かな条件があるようだが韓国国民にとっては問題ないだろう。

関連記事

  1. 台湾は11月に新たな規制施行予定

  2. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  3. 6月に行われる暗号通貨イベント

  4. モナコインが中国取引所QBTCに上場

  5. 匿名通貨といえば②

  6. CFTCのジャンカルロ委員長が再び上院議会証言へ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ