ニュース

CAMPFIREが仮想通貨の税務サービス「G-tax」でクラウドファンディング開始

家入氏が率いるクラウドファンディング会社である「CAMPFIRE」が仮想通貨の取引履歴から財務計算が可能だという「G-tax」の開発促進のためにクラウドファンディングを開始した。

⇒ G-taxについて

⇒ クラウドファンディング募集ページ(コインの森とは関係ありません)

「G-tax」を運営する株式会社Aerial Partnersの代表は「仮想通貨取引の税金の悩みをゼロに」と目標を掲げている。確かにこの仮想通貨は昨年に初めて国税庁が税金に関しての方針を打ち出したばかりであり、確定申告などを会計士や税理士に依頼するとしても詳しい方でないと不安だ。今年が初めて仮想通貨の取引の利益を申告する人が多いだろうから同社のサービスの利用者も増えそうだ。

関連記事

  1. フランス、暗号通貨税率を45%から19%へ

  2. おかえり!金塊ハンター

  3. アメリカネバダ州での人気商品は暗号資産のウォレット

  4. BTC発掘機で連邦違反

  5. マウントゴックス民事再生へ移行か

  6. ビットコイン決済関連企業PEY、34万ドルを調達

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響