ニュース

SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

今や「仮想通貨業」で頭一つ飛びぬけているSBIグループ、北尾社長が語る仮想通貨のこれからとは。

SBIグループは、「仮想通貨マイニング」を初め、 Ripple社足並みをそろえて「ブロックチェーン送金」を確実に進めている。 SBI CapitalBase社では「ICO」も計画しており、「取引所」「ヘッジファンド」など仮想通貨業界を牛耳っていくのではと期待されている。その期待は株価にも影響を与えている。

そんな北尾社長は、これまでは投機的な価値の上がり方をしたが、これからは「実需」、実際に仮想通貨が使われていることで価値が上がっていくと、見解を示した。実際にSBIが押すリップル社発行のXRPは既に送金の制度としては数多ある仮想通貨の中でダントツだ。またリップルネットワークを使った送金試行は既に行われている。

2018年は仮想通貨が使われ、健全な業界成長とともに本来の価値へとはばたく年となってほしい。

関連記事

  1. Zaif、新規登録者キャンペーン

  2. 昨日(7/2)のニュースまとめ

  3. リップルがアラブUAEエクスチェンジと提携

  4. 暗号通貨規制には全体の協力必要

  5. 有名コインにホワイトペーパー「コピペ」疑惑

  6. テックビューロ、仮想通貨やトークンの発行支援サービス「Zaica」を開…

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ