ニュース

SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

今や「仮想通貨業」で頭一つ飛びぬけているSBIグループ、北尾社長が語る仮想通貨のこれからとは。

SBIグループは、「仮想通貨マイニング」を初め、 Ripple社足並みをそろえて「ブロックチェーン送金」を確実に進めている。 SBI CapitalBase社では「ICO」も計画しており、「取引所」「ヘッジファンド」など仮想通貨業界を牛耳っていくのではと期待されている。その期待は株価にも影響を与えている。

そんな北尾社長は、これまでは投機的な価値の上がり方をしたが、これからは「実需」、実際に仮想通貨が使われていることで価値が上がっていくと、見解を示した。実際にSBIが押すリップル社発行のXRPは既に送金の制度としては数多ある仮想通貨の中でダントツだ。またリップルネットワークを使った送金試行は既に行われている。

2018年は仮想通貨が使われ、健全な業界成長とともに本来の価値へとはばたく年となってほしい。

関連記事

  1. ビットメックスがテザー問題に言及!

  2. 日本でブロックチェーンスタジオ設立、入居者募集中

  3. 5月22日は『ビットコイン・ピザ』記念日

  4. GMOライトコイン取り扱い開始

  5. ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

  6. 仮想通貨取引所、上位10社は日額3億円以上を稼ぐ

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ