ニュース

SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

今や「仮想通貨業」で頭一つ飛びぬけているSBIグループ、北尾社長が語る仮想通貨のこれからとは。

SBIグループは、「仮想通貨マイニング」を初め、 Ripple社足並みをそろえて「ブロックチェーン送金」を確実に進めている。 SBI CapitalBase社では「ICO」も計画しており、「取引所」「ヘッジファンド」など仮想通貨業界を牛耳っていくのではと期待されている。その期待は株価にも影響を与えている。

そんな北尾社長は、これまでは投機的な価値の上がり方をしたが、これからは「実需」、実際に仮想通貨が使われていることで価値が上がっていくと、見解を示した。実際にSBIが押すリップル社発行のXRPは既に送金の制度としては数多ある仮想通貨の中でダントツだ。またリップルネットワークを使った送金試行は既に行われている。

2018年は仮想通貨が使われ、健全な業界成長とともに本来の価値へとはばたく年となってほしい。

関連記事

  1. xRapidの本格始動に期待が高まる

  2. 技術開発・導入活発なUAE,教育にも注力

  3. QUOINE、海外子会社で大規模ICO

  4. 証券取引所、企業のICO可能に[ロシア]

  5. 中国中銀、履歴追跡可能なウォレット特許申請

  6. ビットコイン取引所 247exchange、使い勝手が大幅に向上

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ