ニュース

SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

今や「仮想通貨業」で頭一つ飛びぬけているSBIグループ、北尾社長が語る仮想通貨のこれからとは。

SBIグループは、「仮想通貨マイニング」を初め、 Ripple社足並みをそろえて「ブロックチェーン送金」を確実に進めている。 SBI CapitalBase社では「ICO」も計画しており、「取引所」「ヘッジファンド」など仮想通貨業界を牛耳っていくのではと期待されている。その期待は株価にも影響を与えている。

そんな北尾社長は、これまでは投機的な価値の上がり方をしたが、これからは「実需」、実際に仮想通貨が使われていることで価値が上がっていくと、見解を示した。実際にSBIが押すリップル社発行のXRPは既に送金の制度としては数多ある仮想通貨の中でダントツだ。またリップルネットワークを使った送金試行は既に行われている。

2018年は仮想通貨が使われ、健全な業界成長とともに本来の価値へとはばたく年となってほしい。

関連記事

  1. DMM Bitcoinはじまる

  2. 中国のマイニングファームに電力制限か

  3. ブロックチェーン技術のため、ソニーがIBMと提携

  4. 欧州中央銀行、業界規制を促す

  5. Coinbase、ニューヨーク州でビットライセンスを取得

  6. ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ