ニュース

ビットコインの高騰の裏に不正取引か?

ビットコインの目覚ましい価格の急騰の裏にはぼっとによる不正な取引があったことが明らかになった。

経済学術誌「Journal of Monetary Economics」に掲載された論文によると、2つのボットが2014年に破たんした取引所である「マウントゴックス」で不正取引を行なっていたという。不正があったのは2013年、マルクスとウィリーというボットが行った取引には必要とされるビットコインが無い状態で取引が行われていたようだ。

この不正取引がビットコインがたった2か月の間で150ドルから1,000ドルを越える急騰をみせた動きと関連があるようだ。

関連記事

  1. BTC10%下落、仮想通貨取引所「バイナンス」のハッキングの噂やSEC…

  2. 個人間取引で相次ぐ詐欺

  3. メキシコはフィンテック関連会社も規制か?

  4. 映画館の支払いも暗号通貨で

  5. ネム専用のモバイルウォレットリリース

  6. オーストラリアの銀行が債権をブロックチェーンで発行

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行