ニュース

ビットコインの高騰の裏に不正取引か?

ビットコインの目覚ましい価格の急騰の裏にはぼっとによる不正な取引があったことが明らかになった。

経済学術誌「Journal of Monetary Economics」に掲載された論文によると、2つのボットが2014年に破たんした取引所である「マウントゴックス」で不正取引を行なっていたという。不正があったのは2013年、マルクスとウィリーというボットが行った取引には必要とされるビットコインが無い状態で取引が行われていたようだ。

この不正取引がビットコインがたった2か月の間で150ドルから1,000ドルを越える急騰をみせた動きと関連があるようだ。

関連記事

  1. 米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

  2. モロッコでは仮想通貨は違法か

  3. ブロックチェーンETFがニューヨーク証券取引所とナスダックに上場

  4. ビットコイン大幅に下落、中国当局の規制が引き金か。

  5. 中国の家電メーカーが、家電でマイニングを可能にする特許を出願

  6. 米金融会社USAA、ブロックチェーン技術の可能性に注目

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】