ニュース

ビットコインの高騰の裏に不正取引か?

ビットコインの目覚ましい価格の急騰の裏にはぼっとによる不正な取引があったことが明らかになった。

経済学術誌「Journal of Monetary Economics」に掲載された論文によると、2つのボットが2014年に破たんした取引所である「マウントゴックス」で不正取引を行なっていたという。不正があったのは2013年、マルクスとウィリーというボットが行った取引には必要とされるビットコインが無い状態で取引が行われていたようだ。

この不正取引がビットコインがたった2か月の間で150ドルから1,000ドルを越える急騰をみせた動きと関連があるようだ。

関連記事

  1. テレグラムICO好調、価格初回の3倍、2弾目も8.5憶ドル調達か

  2. 韓国当局、仮想通貨取引を提供する銀行への検査を実施か

  3. 木更津市で全国初の地域独自電子通貨発行

  4. ブロックチェーンでの犯罪はノード参加者をどんな立場にするのか

  5. イギリス要人「ビットコインはポンジスキーム(詐欺)だ」

  6. FSBのG20宛て書簡「仮想資産は現在、世界の金融安定リスクを生まない…

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ