ニュース

ビットコインの高騰の裏に不正取引か?

ビットコインの目覚ましい価格の急騰の裏にはぼっとによる不正な取引があったことが明らかになった。

経済学術誌「Journal of Monetary Economics」に掲載された論文によると、2つのボットが2014年に破たんした取引所である「マウントゴックス」で不正取引を行なっていたという。不正があったのは2013年、マルクスとウィリーというボットが行った取引には必要とされるビットコインが無い状態で取引が行われていたようだ。

この不正取引がビットコインがたった2か月の間で150ドルから1,000ドルを越える急騰をみせた動きと関連があるようだ。

関連記事

  1. チップメーカー仮想通貨マイニングの強い需要に注目

  2. 法定通貨でも、SMS・EメールでのP2P送金可能に[決済の利便性高まる…

  3. 空港30店舗でNEM決済開始[オーストラリア]

  4. 昨日(10/25)のニュースまとめ

  5. また6億円相当の没収されたBTCがオークションか

  6. テザー、2・5億ドル相当の新規トークン発行

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響