ニュース

ポルトガルでビットコイン投資に課税の流れ

ポルトガルの消費者保護団体が仮想通貨の投資で大きく儲けている人がいることからか、政府へ仮想通貨の投資家に課税すべきだと嘆願した。

消費者保護の観点から「仮想通貨の投資家に課税」というのは何とも飛躍した発想のように思えるが、未だはっきりと仮想通貨の儲けに関する税制が発表されていない国も少なくない。

日本では国税庁からはやくに税金についてはルールが公表された。性質がまだはっきりしないので「総合課税」という税率の高い部類になってしまっており国内の仮想通貨投資家も悲鳴を上げている。既にマレーシアに高跳びした青年もいるようで民放のテレビで特集されていた。しかしこの税金からは流石に逃れることはできないだろう。

関連記事

  1. マカオ、暗号通貨に対して警告

  2. 仮想通貨ウォレットサービスCEO「ビットコイン価格は100万ドルに到達…

  3. XRPで不動産取引!

  4. 半導体、マイニング需要の影響

  5. クリプトゾンビーズの開発者が新たなゲームを開発

  6. G20、仮想通貨規制を議論へ

PAGE TOP

ニュース

ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

ニュース

ダボス会議、共通テーマは[第4次産業革命]

ニュース

登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動き]

ニュース

ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

ニュース

サウジ・UAE共同で国際送金への取り組み[活発になる送金への試み]