ニュース

北米ビットコイン・カンファレンスでビットコイン支払い受付停止

マイアミで開催される、北米ビットコイン・カンファレンスがビットコインの支払い受付を停止することtなった。

名前の通り「ビットコイン・カンファレンス」であるのに何故?と思うかもしれないが、かねてより問題視されている『送金の遅延』が原因だ。これまでもマイクロソフトがビットコインのサポートを一時停止するなど各所でビットコインの送金問題が浮き彫りになっている。

また同カンファレンスの公式サイトでは、「ネットワーク混雑のために処理が手作業となり、仮想通貨でのチケット代の支払い受け付けを停止している。」と説明したのちにビットコインが有効に使われていく未来を願った。

ビットコインで一躍有名になった「仮想通貨(暗号通貨)」だが、有名になったころにはただの投機対象としての仮想通貨に成り下がっていた。その座を狙うのは「XRP(リップル)」「ETH(イーサリアム)」だ。

関連記事

  1. 介護分野でもブロックチェーン技術

  2. 国連、仮想通貨に詳しいボランティアを募集

  3. シンガポールのブロックチェーンに対する熱意

  4. Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

  5. 中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

  6. ダイヤモンドによって保証されている暗号通貨

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ