ニュース

ドイツ中央銀行の理事が業界に言及

ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行の理事が仮想通貨業界に言及した。

同理事は「仮想通貨の規制については、各国の(国内に向けた)規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と語った。

現在は国際的にマネーロンダリングなどへの関心も高く国境を越えた取り締まりが普及している。このように「この国では禁止だから別の国でやろう」などと考える一定層をも取り締まろうという考えだ。仮想通貨には投機熱が高まりつつあるが、やはり犯罪懸念に対する対策は強く行うべきだ。それらを行った上での価格上昇が本来の価値。大口投資家や機関投資家は適度な規制を求めている。

 

関連記事

  1. SEC、クレイトン委員長、金融規制当局の協調を要請

  2. ロシアは仮想通貨関係のサイトをブロックか

  3. スタンフォード大、ビットコインの講座を開講

  4. フィンランドがブロックチェーンで難民問題に挑む

  5. イーサリアム、発生した損害に対しハードフォークを投票にて決定

  6. アメリカAmazonのCEO「ブロックチェーンは不要」

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】