ニュース

ドイツ中央銀行の理事が業界に言及

ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行の理事が仮想通貨業界に言及した。

同理事は「仮想通貨の規制については、各国の(国内に向けた)規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と語った。

現在は国際的にマネーロンダリングなどへの関心も高く国境を越えた取り締まりが普及している。このように「この国では禁止だから別の国でやろう」などと考える一定層をも取り締まろうという考えだ。仮想通貨には投機熱が高まりつつあるが、やはり犯罪懸念に対する対策は強く行うべきだ。それらを行った上での価格上昇が本来の価値。大口投資家や機関投資家は適度な規制を求めている。

 

関連記事

  1. ブロックチェーンを用いたテレビ番組が10月から開始

  2. 福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

  3. Wi-Fi機器でマイニング

  4. ビットポイントが韓国で現物取引仲介

  5. HitBTC、日本で子会社設置予定

  6. スマホゲームでも暗号通貨導入

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行