ニュース

ドイツ中央銀行の理事が業界に言及

ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行の理事が仮想通貨業界に言及した。

同理事は「仮想通貨の規制については、各国の(国内に向けた)規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と語った。

現在は国際的にマネーロンダリングなどへの関心も高く国境を越えた取り締まりが普及している。このように「この国では禁止だから別の国でやろう」などと考える一定層をも取り締まろうという考えだ。仮想通貨には投機熱が高まりつつあるが、やはり犯罪懸念に対する対策は強く行うべきだ。それらを行った上での価格上昇が本来の価値。大口投資家や機関投資家は適度な規制を求めている。

 

関連記事

  1. 海外に追随、国内クレジットカード大手でも仮想通貨の購入を相次ぎ停止

  2. オランダの銀行はオリジナルのウォレット事業へ

  3. SECは規制強化へ、最優先は「ICO」

  4. 新たにフジデンがBTC決済導入

  5. ベラルーシ財務省が仮想通貨の会計基準を公表

  6. テックビューロ、セキュリティ対策室を設置

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ