ニュース

クラーケン再開、ユーザー不満も対策で手数料無料

世界第5位の取引規模を持つ大手取引所のクラーケンが予定外のメンテナンスを終え、再開した。

当初2時間の予定が2日以上もかかったためにユーザーの不満は爆発している。しかしその間の資産は安全に保管されていたと公表されている。またお詫びにとユーザーは月内の手数料が無料になるとのことだ。しかし取引再開後、仮想通貨の全面安が起きておりユーザーの心配の声も上がっている。再開したことが伝わっていなかったユーザーがいたとしたらその損失は納得できないだろう。

クラーケンは先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが提供する「ビットコイン先物」の価格形成の参考になっている取引所のひとつであった。

 

関連記事

  1. スクエアのドーシーCEO、BTCは10年後単一通貨に

  2. 【速報】RippleGWのMr.Ripple、香港で開業

  3. Monero、違法マイニングの標的になりやすい

  4. Saxo Bank のアナリストの大予言?

  5. フィンテック企業買収発表で株価2600%増

  6. ビットコインでチャリティー、100万ドル相当

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響