ニュース

インドネシア中央銀行が警告

インドネシアの中央銀行が仮想通貨の取引に警告を発した。

人口の多さと、スマホ普及率の高さゆえに昔コインの森でも仮想通貨大国になり得ると管理人コラムを書いたことがある。しかしインドネシアは規制派が強いようだ。

⇒ インドネシアでビットコイン禁止か?

インドネシア国内では仮想通貨の売買や取引を認めないとする声明を発表、これは政府の見解ではなく中央銀行の発表だが、仮想通貨関連事業の全てを指しているようにも捉えることが出来る内容だ。インドネシアでは昨年2つの取引所も閉鎖している。仮想通貨にはついて回る懸念材料の「マネロン」や「テロ(犯罪)資金」を警戒してと思われるが、イスラム教の多いインドネシアで宗教的な問題はないのかも今後の着目点になり得る。

関連記事

  1. 大阪にも!暗号通貨総合窓口オープン

  2. 富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

  3. シンガポールは国を挙げて仮想通貨の研究

  4. ベルギーは国外の取引所の利用者を調査へ

  5. 米国家安全保障局、2013年からBTCユーザー監視

  6. ロシア法定、ビットコイン関連サイトの禁止を解除決定

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行