ニュース

インドネシア中央銀行が警告

インドネシアの中央銀行が仮想通貨の取引に警告を発した。

人口の多さと、スマホ普及率の高さゆえに昔コインの森でも仮想通貨大国になり得ると管理人コラムを書いたことがある。しかしインドネシアは規制派が強いようだ。

⇒ インドネシアでビットコイン禁止か?

インドネシア国内では仮想通貨の売買や取引を認めないとする声明を発表、これは政府の見解ではなく中央銀行の発表だが、仮想通貨関連事業の全てを指しているようにも捉えることが出来る内容だ。インドネシアでは昨年2つの取引所も閉鎖している。仮想通貨にはついて回る懸念材料の「マネロン」や「テロ(犯罪)資金」を警戒してと思われるが、イスラム教の多いインドネシアで宗教的な問題はないのかも今後の着目点になり得る。

関連記事

  1. VISAの元CEO、ブロックチェーン企業CEO就任

  2. アメックスはビットコイン・ブロックチェーンをどう捉えているか?

  3. UFJの仮想通貨信託、早ければ4月にも

  4. 非中央集権は幻想か

  5. 仮想通貨の犯罪利用防止に一手

  6. ライトニングネットワーク決済でピザ購入

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ