ニュース

ロシア大統領プーチン氏、仮想通貨について言及

ロシアの大統領、ウラジミール・プーチン氏はロシア国内のTV番組で、ビットコインと仮想通貨について語った。

ロシアの中央銀行は新しい技術についてただ否定するようなことはなく、注意深く見守りつつ研究をしているようだ。

「ビットコインは価値の裏付けをするものがなく、このことが一番の問題だ。他の何ともリンクしていない、何にも裏付けをされていないのだ。ただし会計単位という意味では、これらのコインは使われる意味はあり、またそうした使われ方も広がりつつある。我々は何も否定していない。しかし、広範に及ぶ利用をするためには根本的な部分でかなり真剣に検討を重ねる必要がある。」とプーチン氏は語った。

ICBIT TradingのCEOを務めるAleksey Bragin氏は、「このことは、ロシアで公にビットコインが使えるようになるには大きな意味がある。今までも違法だったわけではないが、ビットコイン関連事業をロシアで行うのは事実上不可能な状態であり、マイニングについても常にグレーゾーンにあった。」と語っている。

今回の一件を踏まえ、ロシアではビットコインを含む仮想通貨についての法整備が進むかもしれない。

関連記事

  1. ジブラルタル証券取引所がビットコインETIの取引を開始

  2. サークル社がポロニエックスを買収

  3. 仮想通貨株のロングフィン株が続落、ラッセル指数から除外

  4. 仮想通貨での退職金運用の禁止

  5. マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

  6. Revolut,銀行業認可取得[欧州の事業促進に貢献なるか]

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]