ニュース

ブラジル、仮想通貨投資ファンドを規制

ブラジル政府は仮想通貨業界に新しく規制を設ける事となった。

ブラジル政府は投資ファンドなどが「ビットコイン」などの仮想通貨へ投資することを禁止するようだ。加熱する投機熱を懸念し、投資家保護が目的のようだ。個人での投資はこの制限の範囲外であり、個人で仮想通貨に投資することはできるようだ。

ブラジルは中央銀行がブロックチェーンを使った決済を試みていたり、同国の大手銀行がR3が運営するブロックチェーンコンソーシアムに参加するなど積極的な姿勢を見せていた。

しかし投資家保護の観点より今回の規制に至った様だ。今後も「投資家保護」を目的とする規制は世界で広まっていきそうだ。

 

 

関連記事

  1. 香港に拠点を持つBitfinexが詐欺に関与している疑いが浮上

  2. インド税務当局が仮想通貨ユーザーに課税通知書を送付

  3. SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

  4. 中国独自のチェーン・コインの誕生促進か[新たな規制]

  5. 北朝鮮のハッカーが大暴れ

  6. ビットコイン1800ドルを突破、欧米や豪州でも投機熱高まる

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ