ニュース

BitTrade(ビットトレード)がMT4に対応

日本の認可業者(登録番号第00007号)で人気タレントの小島瑠璃子をイメージキャラクターとしているビットトレード(BitTrade)が短期取引ユーザーにとって嬉しいサービスを追加した。

仮想通貨の取引業者が提供するチャートサービスには「見やすさ」「分析のしやすさ」の2つが求められる。IT系の色が強い業者の提供するチャートは「見やすさ」を追求されておりユーザーの満足度も高い。しかし「分析のしやすさ」となると海外に分がある。トレード経験者に聞くと「ビットポイント」が提供するMT4が評価が高いようだが、今回ビットトレードも関連会社である「FXトレード・フィナンシャル(FXTF)」のメタトレーダー4(MT4)上で仮想通貨が表示されるようになったようだ。

メタトレーダー(MT4)とはロシアのメタクオーツ社が提供し、特にFXトレーダーの多くが使っているチャート分析ソフトであり、分析ツールなどの汎用性が高く、また動作も軽く人気が高い。

今回のビットトレード社は関連会社のメタトレーダー(MT4)に仮想通貨の価格を表示させるということで分析専用といったところであるが、分析の幅は広がるだろ。

関連記事

  1. みずほFG、ブロックチェーンのコンソーシアムに参加表明

  2. Zaifがタレント起用でCM開始

  3. QUOINE視線は世界へ

  4. IBM、インドで開催されるブロックチェーンのイベントをスポンサー

  5. ウィーペイCEO、仮想通貨での支払いの需要を感じない

  6. 仮想通貨の取引量、一日に7億ドルを突破。

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ