ニュース

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が仮想通貨業界に本格参入

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が仮想通貨業界に本格参入、新たな取引所を開設する為に交換業ライセンス申請をするようだ。

三菱UFJフィナンシャル・グループは独自のコインとなる「MUFGコイン」の発行と、その価格安定化を図る目的がある。日本国内の銀行では三菱UFJフィナンシャル・グループがコインの発行や取引所の新設は初となる。

同社の「MUFGコイン」は1コインあたり1円とし市場を安定させたい考えだ。特に自国通貨の「円」が安定しているために日本人にとって価値の変動は慣れないものだ。単なる電子マネーとして「円」と等価値で使用できる方が日本では浸透しやすいのだ。

しかしながら、いくら「ブロックチェーン」をつかって瞬時に送金が安い手数料で出来るとしても、「円」となると送金に関して金額などの制限があるために企業や大口送金者にとっては使いものにならない。そこで「円」ではなく「仮想通貨(独自コイン)」として「MUFGコイン」を発行することでこの制限の範疇ではなくなり、より使い勝手の良いものとなる。

残る不安は「価値の変動」だ。これを抑えるために三菱UFJフィナンシャル・グループは取引所を新設し、「MUFGコイン」の1コインあたりの価値が1円となるように調整を行っていくようだ。

関連記事

  1. Coinbase、取引上限引き上げ

  2. イギリス規制状況

  3. 制裁回避手段として暗号通貨利用

  4. チリ、エネルギー管理にブロックチェーン

  5. JVCEAの自主規制[証拠金取引・アフィリエイト・苦情対応]

  6. インドビットコインサービス大手Zebpay が新たに500万ドルを調達…

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]