ニュース

中国のマイニング禁止とその実情

マイニング大国の中国はその7割以上を常にキープしていると言われている。そんな中国ではマイニングの規制の憶測が過去にもあった。以前は急なマイニング禁止が噂されたが、すぐにその火は沈下された。結局は不正電力問題がマイニング規制の噂につながった様だ。

しかし今回、金融リスクを監視する中国政府の対策本部は地方当局に対して、仮想通貨のマイニング事業停止を指導するよう通達した。

マイニングとは仮想通貨の価値を保つ大事なもの。世界が中国の強い規制を危惧している。しかし当然ながらマイニングは中国でしか出来ないわけではない。既に一部のマイニング運営者は国外へ移動させているという。日本のGMOグループは北欧でマイニング事業を行っている。

またマイニング事業のコストも上がっており、世界トップクラスのマイニング事業共同体であるViaBTC Technology Ltd.,は、パートナーの廃業が相次いだことにより、一部顧客に対するメンテナンスコストを6%から50%に上げて対処したようだ。

また中国でマイニング事業を行う運営者にインタビューしたところ「ほとんどのマイニング運営者は締め出しにあった。残っているのは2つほどだ」と語った。その残っているマイニング業者の中には大手投資銀行グループの名前も連なっていた。今後の中国のマイニング事業はどうなっていくのか。

関連記事

  1. 新宿マルイ アネックスが仮想通貨ビットコイン決済導入

  2. 相次ぐ暗号通貨業者の撤退

  3. 仮想通貨の創業者を名乗り仮想通貨を要求

  4. FSBのG20宛て書簡「仮想資産は現在、世界の金融安定リスクを生まない…

  5. 宮城県、有機野菜とブロックチェーン技術の融合

  6. BlackWalletがハッキングされた?

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの