ニュース

ゴールドマン「仮想通貨、途上国なら発展」

ゴールドマン・サックスが仮想通貨業界の未来について言及した。

ゴールドマン・サックスによると、「アメリカを初め先進国では自国通貨(マザーカレンシー)が安定していることで仮想通貨がリアルマネーとして確立するか否かは不明だが、途上国では十分に可能性がある」とのこと。

既に自国通貨(マザーカレンシー)が崩壊している国も存在する。またそれに近いような状態の国も多く、政府はその改善策に追われている。そのような国が仮想通貨をリアルマネーとして取り入れるという事は自国経済の立て直しには強い優位性がありそうだ。

関連記事

  1. ノアコイン、水面下で動く

  2. リミックスポイント誤報に言及

  3. NvidianのQ4決算予想上振れ、仮想通貨Cマイニングプロセッサー売…

  4. 草コインとは?[初心者向け]

  5. フィリピンで仮想通貨取引業が登録制に

  6. アイスランド議員、仮想通貨マイナーに対する課税を提案

PAGE TOP

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

ニュース

デジタル遺品、相続できる準備整ってますか[終活のデジタル化]

ニュース

日本円を担保にしたステーブルコイン発行へ

ニュース

昨日(9/22)のニュースまとめ