ニュース

ゴールドマン「仮想通貨、途上国なら発展」

ゴールドマン・サックスが仮想通貨業界の未来について言及した。

ゴールドマン・サックスによると、「アメリカを初め先進国では自国通貨(マザーカレンシー)が安定していることで仮想通貨がリアルマネーとして確立するか否かは不明だが、途上国では十分に可能性がある」とのこと。

既に自国通貨(マザーカレンシー)が崩壊している国も存在する。またそれに近いような状態の国も多く、政府はその改善策に追われている。そのような国が仮想通貨をリアルマネーとして取り入れるという事は自国経済の立て直しには強い優位性がありそうだ。

関連記事

  1. ライフカード社がVISAプリペイドでビットコインを利用できるサービスを…

  2. 米グーグル、仮想通貨関連の広告を規制へ

  3. フィリピン政府、強い仮想通貨業界の規制へ

  4. BTC次のアップデートで手数料や処理速度解決か

  5. 取引所が個人のウォレットを差し押さえられるのか

  6. ビットコインキャッシュプラス

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの