ニュース

ゴールドマン「仮想通貨、途上国なら発展」

ゴールドマン・サックスが仮想通貨業界の未来について言及した。

ゴールドマン・サックスによると、「アメリカを初め先進国では自国通貨(マザーカレンシー)が安定していることで仮想通貨がリアルマネーとして確立するか否かは不明だが、途上国では十分に可能性がある」とのこと。

既に自国通貨(マザーカレンシー)が崩壊している国も存在する。またそれに近いような状態の国も多く、政府はその改善策に追われている。そのような国が仮想通貨をリアルマネーとして取り入れるという事は自国経済の立て直しには強い優位性がありそうだ。

関連記事

  1. マイクロソフト、ビットコイン対応再開

  2. マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

  3. 新注目仮想通貨「スチーム」

  4. ビットコイン生みの親がノーベル賞に推薦される

  5. アメリカ規制当局「暗号通貨は危険だ」

  6. 連邦準備銀行の要人が暗号通貨を軽視か?

PAGE TOP