ニュース

ゴールドマン「仮想通貨、途上国なら発展」

ゴールドマン・サックスが仮想通貨業界の未来について言及した。

ゴールドマン・サックスによると、「アメリカを初め先進国では自国通貨(マザーカレンシー)が安定していることで仮想通貨がリアルマネーとして確立するか否かは不明だが、途上国では十分に可能性がある」とのこと。

既に自国通貨(マザーカレンシー)が崩壊している国も存在する。またそれに近いような状態の国も多く、政府はその改善策に追われている。そのような国が仮想通貨をリアルマネーとして取り入れるという事は自国経済の立て直しには強い優位性がありそうだ。

関連記事

  1. フランス、ICO合法化 欧州でのICOの規制積極的に

  2. 昨日(11/13)のニュースまとめ

  3. 各取引所が金融庁の登録を報告

  4. ビットフライヤー、BTCとネットマイルの交換が可能に

  5. 法定通貨でも、SMS・EメールでのP2P送金可能に[決済の利便性高まる…

  6. 昨日(10/3)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

安全にインターネット利用するために

ニュース

昨日(12/18)のニュースまとめ

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ