ニュース

ウォーレン・バフェット氏「ビットコインは悪い結末を迎える」

アメリカ合衆国の投資家であり、世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であるウォーレン・エドワード・バフェット氏がビットコインに言及した。

ウォーレン・バフェット氏はテレビのインタビューで「(ビットコインなどの仮想通貨には)悪い結末を迎えると、確信している」と述べたようだ。ウォーレン・バフェット氏との食事の権利ですら高値で取引されているほどの影響力のある世界一の投資家の発言がどこまで影響してくるかは不明だが、彼を尊敬する投資家は多い。

ただ、ブロックチェーンを使った技術革新とビットコインという投機対象を混同して考えている場合も多いから著名人の発言も簡単に鵜呑みにしてはいけない。JPモルガンの現CEOは「ビットコインは詐欺だ」と言い放ったがその後、発言に後悔しているようだと報じられている。

関連記事

  1. UBSのトップがブロックチェーンに言及

  2. ロシアの中央銀行がICOに前向きか

  3. マイクロソフトがエクセル2016でビットコインをサポートへ

  4. メキシコはフィンテック関連会社も規制か?

  5. ビットポイントが韓国で現物取引仲介

  6. 東大、ソラミツ等との共同で地域通貨の実証研究を開始

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP